まったりお話ください

治療法の工夫

うつ病を完治させる為の治療法には、数多くの方法があります。運動をするなど、いろいろな工夫を取り入れることで治療を継続しやすくなると言えるでしょう。治療を継続させることが最も大事なのです。

» 詳しくはこちら

脳の病気

うつ病は脳の病気とも言われています。数多くの治療法の中には、脳に刺激を与えるものもあるのです。刺激を与える為に磁気刺激治療を行う病院もあります。自分に合っていると感じる病院での治療を受けるようにしましょう。

» 詳しくはこちら

さまざまな症状

うつ病患者の症状には、食欲不振や倦怠感、無気力などがあります。怪我のように目では見えない病気なので、人からするとだらしないという風に見られることもあります。しかし、周りの理解が大きな治療になります。

» 詳しくはこちら

心療内科で治療

継続的な治療で完治を望めるうつ病は、心療内科で治療を受けることが出来ます。心に負担を背負わせないように、病院の構造にも工夫がされています。そういった心遣いが、うつ病患者の心をケアするでしょう。

» 詳しくはこちら

自分で気付く

うつ病の発祥は自分で気づきにくいものです。しかし、治療を始めるのが遅くなると、症状はどんどんと悪化していくでしょう。そういったことがないように、違和感が生じたら病院での診断を受けてみましょう。

» 詳しくはこちら

うつ病を知る

うつの治療の流れを分かりやすくまとめてくれているサイトがこちらにあります。治療行いたい方は一度目を通してみてはいかがでしょうか?

うつ病の治療で注意する事

うつ病は、一般的にはストレスが大きく関係していると良く言われています。それは間違いではないのですが、そのメカニズムが分かっていないのも少なくありません。なので、うつ病に対する治療も、なんとなく漠然としています。休みましょう、あるいは気分転換しましょうと良く言われます。また医療の現場では、薬を飲ませる事を主としています。薬というものは、けっしてうつ病を治すものではありません。うつ病の時の気分の状態をハイにするなどの気分の調整をする為のものになります。気分を調整する事が治療になるかといえば、必ずそうでないという事に注意が必要になります。うつ病を治す事には、正しく理解する事で治療の方法も変わってきます。心の病を心の病と理解して治療を進める事に注意が必要になります。

鬱病の原因を知れば的確に治す事が出来る

生きていれば全員がうつ病になります。落ち込んだり、ふさぎ込んだりする事は、多くの方が経験をしています。一時的なものはうつ病とは呼ばないです。うつ病には成立要因がありますが本質的には、一時的に済むものと病気として認定されて長引くものとで、なにも変わりはありません。なので、厳密には誰でもうつ病にはなるという事が分かります。受けたストレスの強さと期間の長さが病気の発症の確立が高くなります。このストレスの耐性の強さや弱さによっても、同じストレスを抱え込んでいても大きく変わります。この耐性は、性格や文化または異常反応など、心の中の不合理によって分かれます。異常反応は大きい程、耐久性が低くなりますので、これらの事を知ったうえで治療にあたると良い結果が生まれます。

一回の診察代と薬代について

うつ病の治療には根気が必要だと思います。 完治したと思っていたら、ある日また突然再発してしまうことがあります。 なので、完治したと思ってもとにかく自分を大切にすることが一番だと思います。 治療には、一度にお金がかかるわけではないですが、薬を飲み続けたり、定期的に通院したりするとなると、それなりにお金がかかってくるのだと思います。 私も何度か診療内科を受診したことがあります。 一度診察をしてもらって薬をもらうのに、3000円ほどかかった記憶があります。 もっと多く薬をもらうのであればさらに高くなりますし、人それぞれによって違ってくるとは思いますが数千円ですむとは思います。 その都度変わるので毎回多めにお金を持って行くべきです。

心に余裕を与えてあげる

うつ病は、一度なってしまうとなかなか完治と言い切るのは難しいですし時間がかかります。 ですが、頑張って根気よく治療を続けていれば治るのでしっかりとうつ病という病気に向き合うことが大切です。 治療にしっかり通い、あとは自分の好きなことをしておけばいいと思います。 とにかく、ストレスなどから自分を遠ざけてあげることがいいと思います。 諦めずに、ちゃんと薬をうまく利用することも大切です。 もし落ち込んでしまったときなどは、同じうつ病の方がやっているブログなどを読むと励まされたりもします。 会いたいと思う人にだけ会って、会いたくない人には会わなくていいと思います。 そのように、心に余裕を与えてあげることも完治の近道です。

メニュー